オフィスの節電をするためには?

機器の選び方や節電方法

オフィスの節電のためには会社のPCの選び方が重要なポイントになります。一般的には高性能であればあるほどPCの消費電力は上がります。ですので電力を下げようと思えば、標準的なスペックのPCやそれより低いスペックのPCを使う必要があります。
しかし動画編集やCG制作を行っている仕事の場合はPCのスペックを下げることはできません。仕事の関係上PCの仕様に妥協ができない場合は、PC以外のOA機器の節電を心がけましょう。
長時間使用しない場合はOA機器の主電源を切り、またできるのであればコンセントからプラグを抜いておいても良いです。こうすることで待機電量を削減できるので節電につながります。さらにコピー機やプリンターは節電機能がついてることも多いので大いに活用しましょう。

具体的な消費電力の減らし方

PCの節電を考える場合には、具体的にどのような方法があるのか知っておくと便利です。 PCには省電力機能がついているので、これを利用することで簡単な節電を行うことができます。まずは初めに使用しているPCのディスプレイの輝度を下げましょう。続いてはPCの電源プランを見直していきます。電源プランの項目の中に「省電力モード」と呼ばれるものがあればそこを選択しましょう。 ほかにもバッテリー節約機能なども見ておくと良いです。これらに目を通しておくことでPCの節電は完了です。 PC以外の節電を考える場合は、ほかのOA機器の消費電力を把握しておくことも大切です。消費電力は機器の種類によって大幅に変わってきます。ですので専用の機器を使い電力を知り、それに応じた使い分けをしていきましょう。