法人向けパソコンてどんなもの?

一般向け向けより強度を増している

ノートパソコンの中には、土木作業などの現場などでも使えるタイプがあります。落としても水にぬれても土ぼこりの多いところでも故障しにくいタイプです。それ以外のパソコンはどれも同じように見えますが、各メーカーでは一般向けのパソコンと法人向けのパソコンを用意しているところがあります。ラインナップを見ると同じものが並んでいるわけではありません。法人向けは家電量販店では売られないタイプが別途用意されています。意外に知られていないのが堅牢性の高さです。ビジネス向けでは一般向けより持ち歩きが多いのを前提に設計されています。見た目は一般向けのスタイリッシュなものに比べるとシンプルですが、落としたりぶつけたりしたときの衝撃に対応しやすくなっています。

グレアタイプとアンチグレアタイプ

テレビといえば液晶テレビが主流です。きれいな映像を楽しめるよう液晶はグレア仕様になっています。光沢のあるタイプで、ブラウン管時代のテレビに比べるとかなり鮮やかな映像が楽しめるようになっています。一般のパソコンでも最近はグレアディスプレイが多くなっています。ゲームや動画を楽しむ人向けに作られているようです。法人向けのパソコンは基本的にはアンチグレア、ノングレアと呼ばれる液晶になります。鮮やかな表現よりも文字をより認識しやすいタイプです。グレアタイプは良く反射するので、文字の入力をするにはあまり向きません。アンチグレアは反射がなく映り込みがないので、どんな環境でも作業がしやすくなります。照明が強いところの入力もしやすくなります。